看護部門ー羽幌病院

羽幌病院 看護部門

地域センター病院としての医療機能の充実に努めます。
患者さんのための医療サービスの向上に徹します。
職員一同、道民皆様への奉仕の精神を忘れません。

内科・外科・産婦人科・小児科・整形外科・精神科・耳鼻咽喉科・眼科・皮膚科・泌尿器科・リハビリテーション科
計120床 一般120床(透析13台)
3交代制・2交代(外来)
有り
休止
https://haboro.hospital.hokkaido.jp/

羽幌病院 基本理念

地域センター病院としての医療機能の充実に努めます。

患者さんのための医療サービスの向上に徹します。

職員一同、道民皆様への奉仕の精神を忘れません。

看護部門 理念

患者の心に寄り添い、”もてる力”を支える看護を提供します。

“もてる力”とは、充分な観察と判断から導き出された、個々の患者に携わっている力である。

看護部門 方針

病院の使命に基づき、地域のニーズに応える看護を提供します。

患者さまの人権に配慮した最良の看護が保証できるようにします。

安全性を確保した快適な療養環境を提供します。

自己啓発に励み、専門性の向上に努めます。


院内教育研修計画

平成28年度 看護部門院内教育研修計画(PDFファイル)

目的 道立病院看護職員として、自己の果たすべき役割を自覚し、切磋琢磨することで専門職業人としての成長を図る。

クリニカルラダーに応じた継続教育により、キャリアレベルに応じた看護実践の能力が向上する

KOMI理論に基づいたアセスメント能力が向上する

目標 看護職員の看護実践能力を向上し、他職種との業務分担とチームワークの強化を推進することにより、安心で質の高い医療・看護を提供する。

ベッドサイドケアやマナー、接遇スキルの向上

他職種との協働に繋がるスキルの向上

ラダー別の学習会の企画

中間管理者の対人関係能力、管理知識の向上


ごあいさつ 副院長兼総看護師長 渡逞 育子
 当院看護部門はナイチングール看護論を基本に「もてる力を支える看護」を理念として地域医療密着型の看護を提供しています。当院では住民の健康を守るために、適切な日常生活を維持できるような処方箋を描ける看護師を育成しています。現在、道立病院は6ヵ所あり、転勤することで多領域の看護を学び、ジェネラリストを目指す看護師もいます。また、キャリアを積んで専門性の高い認定看護師や看護管理者を目指している仲間もいます。当院では自ら看護師になって良かったと思える、かつ、地域住民からこの看護師から看護を受けて幸せだったと感謝される環境を提供します。このような環境の中、自ら理想とする看護師になりませんか。

働くナース紹介 主任看護師 石原 寿恵
 道立羽幌病院には48歳の時に就職しました。以前勤めていた総合病院に比べてコンパクトな規模の病院ですが、看護職員を初め全職員が協力し患者さんの情報や治療方針を共有しています。チーム医療のもと、看護ケアを実践していると実感しています。院内研修では、各部門による研修も開催され、様々な援助に関する知識を得ることができます。また、病棟内では今必要なトピックス的な内容の研修も行っています。是非一緒に働いてみませんか。

日常の様子

北海道保健福祉部地域医療推進局道立病院室

住所/〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目(道庁本庁舎5階)

電話(代表)/011-231-4111(内線:25-865)

ファックス/011-232-4109

お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © 北海道立病院局 All Rights Reserved.