看護部門ー江差病院

江差病院 看護部門

地域住民のために、地域住民とともに健康を守っていく病院をめざして

内科・外科・産婦人科・小児科・眼科・整形外科・耳鼻咽喉科・皮膚科・泌尿器科・麻酔科・精神科・リハビリテーション科・消化器内科・循環器内科・腎臓内科・呼吸器内科
計198床(一般146床・精神48床・感染4床・透析15台)
3交代制・2交代(外来)
有り
保育年齢:生後56日から就学前まで
保育時間:7:30~18:30
延長保育:18:30~21:00
https://esashi.hospital.hokkaido.jp/
YouTubeはこちら

江差病院 基本理念

地域住民のために、地域住民とともに健康を守っていく病院をめざして

南檜山保健医療福祉圏を守るための地域センター病院として、地域医療・福祉に貢献します。

全ての住民の権利と尊厳を第一に、信頼と満足が得られる良質な医療サービスの提供に努めます。

優しさと思いやりを大切に、病みをいたわり、悩みをやわらげるお手伝いをします。

看護部門 理念

地域住民に信頼される良質な看護を提供します。

患者様の権利を守り、心ある看護を提供します。

看護部門 方針

チーム医療の充実に努め、患者参加型の看護を実践します。

専門的知識と技術の習得に努め、事故や感染のない環境を提供します。

対話を重視し、同意のもと看護を実践します。

医療人として成長し、満足度の高い看護を提供します。


院内教育研修計画

令和2年度 看護部門院内教育研修計画(PDFファイル)

目的 信頼される看護を提供するために、継続教育・自己研鑽により看護を探求し続ける人材を育成する
目標 患者家族の意思決定を支援し、その看護実践を振り返ることで、看護実践能力を向上させる。
看護学生及び後輩への指導を通して教育力を養うことで、自己教育力を向上させる。
新規採用者を支える環境を整備し、働きやすい環境を整える。

ごあいさつ 副院長兼総看護師長 菊地 弥佳
 江差病院は、函館から車で約1時間の日本海に面した江差町にある病院です。南檜山圏域の地域センター病院として、地域住民に信頼される良質な医療の提供に努めるとともに、患者様の尊厳を第一に考えた看護を大切にしています。
この春、札幌を離れ江差に赴任して参りました。知らない地での生活に馴染めるか不安でしたが、人混みのせわしさから離れたこの生活に、今はすっかり魅了されています。看護師長をはじめ、働くスタッフは、とにかくまじめで暖かい人たちばかり。まずは、見学に来てみませんか。病院と町のよいところをご紹介します。

働くナース紹介 認知症看護認定看護師 薄田 珠緒
 私は思いを表現することが難しい認知症患者さんの言葉の意味をチームで考えることを大切にしています。治療疾患の知識に基づく観察、認知症の病態、加齢変化、その人の生活の営みからアセスメントすることでケアできることが見え、その方の持てる力を発見できる喜びを感じています。今年度から「認知症ケアチーム」の活動を開始します。認知症の方が精一杯表現しているメッセージからニーズを探り、その人に寄り添える看護を提供できるように努力していきます。
看護師 笠谷 紗那香
 江差町は、北海道の中でも歴史ある南檜山地域の中核を担う町です。私が勤務している江差病院は、南檜山地域の広域医療を担う地域センター病院であり、地域の他の医療機関と連携し、住民の皆さんが健やかに暮らせるよう努めています。まだまだ不慣れなことが多い私ですが、たくさんの方々に支えられながら楽しく勤務をしています。また、江差病院は日本海に沈む夕日を眺めることができるので、心をリラックスさせたりしながら勤務することができます。是非、私たちと一緒に南檜山地域の医療を支えていきませんか。

日常の様子

北海道道立病院局

住所/〒060-8588 札幌市中央区北3条西7丁目(道庁別館3階)

電話(代表)/011-231-4111(内線:25-858)

ファックス/011-232-4109

お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © 北海道立病院局 All Rights Reserved.